置戸町との地域交流協定

置戸町との地域交流協定

2012年、札幌学院大学と置戸町との間で,大学教育と社会教育の連携による町内の遺跡・文化財の保護強化に関する地域交流協定が締結されました。置戸町との協定は,人文学部人間科学科の鶴丸学長が担当された考古学実習授業の置戸町内遺跡での実施をきっかけとしています。今後は,他の分野でも交流が進むことが期待されます。


札幌学院大学主催の第38回学術講演会「講演と音楽の夕べ」

2014年9月19日に、第38回学術講演会「講演と音楽の夕べ」を開催されました。

学術講演会ポスター 今年度の学術講演会「講演と音楽の夕べ」は、「札幌学院大学・置戸町地域交流協定締結記念」として、常呂郡置戸町で開催されました。

■日時:9月19日(金)開場18:00 開演18:30 終演予定20:30
■会場:置戸町中央公民館(常呂郡置戸町置戸245-1)
■講演:『過去を掘る-考古学の面白い話-』 学長 鶴丸 俊明
■音楽:大平まゆみロマンティッククラシックス
ヴァイオリン 大平まゆみ(札幌交響楽団コンサートマスター)
ピアノ 明上山貴代